日記一覧 | 日野市周辺の不動産をお探しなら株式会社エージェンシー雅にお任せ下さい。

株式会社エージェンシー雅

営業時間9:00~18:00(R2/06/01より閉店時間を変更)定休日毎週水曜日 毎月第三火曜日

日記

DIARY

ゴールデンウィークが終わり5月末まで自粛が続く中いかがお過ごしでしょうか。
お家大好きな私はいつも通り引きこもり夜な夜なバーチャルで世界の美術館と博物館を鑑賞してはストレスを発散し軽いウォーキング(散歩)をして運動不足を解消しております。
そんな中、立川に住んでいる友達から写真と共に『昼も夜も人がいなくて密にならないよ!』と言うメッセージが送られてきました。近所の散歩程度のウォーキングで橋を超えるなど到底無理な話ですが心が揺れてしまいました。

ここはIKEAの前にできた大型商業施設で4月10日にオープンイベントを行う予定がコロナで延期になったそうですが開放されているそうです。
温泉施設、多目的ホール、ホテルや公園、食事にショッピングと魅力的ですよね。
自粛解除の際は必ず行こうと思います。

 

------------------------------------------------

エージェンシー雅のLINE@

LINEからお問い合わせができます 
「友だち追加」するとご利用いただけます

友だち追加

投稿日:2020/05/15   投稿者:佐藤美愛

緊急事態宣言が延長され、皆様は如何お過ごしでしょうか。例年、ゴールデンウィーク中に1度は実家に帰ったりしますが、今回はやはりコロナウィルスのため見送り、ほぼ自宅におりました。

一緒に住んでいるにゃんこは、外に出ないので常に自宅待機ですが、彼女にとって自宅待機は、クッションの上の様です。また太ったような・・。

自宅にいるとストレス?もあり、ついついネットで何か買いたくなるのは、私だけではないでしょう。普段はあまり気にしない、室内の模様替え。例えばカーテンとか、テーブルとか、ラグとか、ベッドとかとか。カートに入れては削除を繰り返し、スーパーだったら挙動不審でしょう。結局、にゃんこに睨まれ思い直し買うのはやめました。

ただ、にゃんこの頭の微妙なショートボブを見て、自分の伸びていた髪の毛を切りに行きました。

床屋さんもそうですが、飲食関係を含め大変ですよね。不動産業界も一部を除いては、やはり厳しい状況が続いていますね。ニュースを見ていると、なかなか国の指針も決まらない様で。人を守るために作り上げたシステムを変えることは難しいのかも知れませんが、何が必要かシンプルに考えて、このにゃんこのようにちゃんと目標を見て、対策して欲しいものですね。

 

-----------------------------

日野市の賃貸物件検索はこちら

投稿日:2020/05/09   投稿者:鈴木將之

以前も自宅付近の小川で一瞬見かけたことがありましたが昨年(平成31年)の2月頃に比較的近距離で見かけたカワセミ!この日を境に週1回の定休日に愛犬の散歩とカワセミ探しの日々が始まりました。

ミラーレス一眼(PEN-F)ではじめて撮ったカワセミ(♀)


それまではカワセミとは自然豊かな綺麗な清流にいるもっと稀少な鳥かと思っていましたが意外と身近にいることを知りました。愛犬の散歩コースでは四季を問わず非常に高い確率で出会うことができその他の場所でも何となくいそうな雰囲気の箇所を注視してみるとちゃっかりいたりします。その「いそうな雰囲気」とは河川でもちょっと流れが緩やかな場所や人工的な用水路だったり公園にある小さな池だったり大きな流れの速い川よりその支流などの小川で共通して言える事はそこに魚等の生き物がいて且つそれを獲物として狙える止まり木となりうる枝葉があると言った風景です。市街地などでも色んな場所にいる生息していることがわかっただけではなく清流どころか少々汚れているような所でもたくましく生きています。

人工物に止まるカワセミ(♂)


カワセミに魅了された人が多いのは多くの野鳥たちは雌が地味目で雄が派手目ですがカワセミは雄も雌もインスタ映えする鮮やかなブルーの羽とオレンジ色のお腹で漢字では「翡翠(ひすい)」と書くことから「飛ぶ宝石」「川の宝石」と呼ばれているように何がともあれ美しいことかと思います。加えてスズメよりちょっとだけ大きい小鳥で被写体としては小さいですが他の小鳥たちと比べて枝にじっと止まってくれる時間が多いため僕みたいな初心者カメラマンでも比較的撮影しやすい被写体です(ある程度の望遠レンズは必要ですが・・・)ただ最近は「止まり物」だけではなく魚を捕るために水に飛び込む瞬間やホバリングする姿を捉えたいのですがこれは一気に難易度があがります。この「飛び物」についてはまた別の機会に書きたいと思います。

ピラカンサとカワセミ(♂)


最後に日野市の市鳥ですがちょっと調べてみると東京都では町田市・小金井市・国分寺市が市の鳥として「カワセミ」が指定されています。

カワセミ(♂)のアップ(トリミングなし)

土手にたたずむカワセミ(♀)


しばらくはこの「カワセミ」の話題は尽きないと思います。

投稿日:2020/04/19   投稿者:菊地雅章

皆さま、新型コロナウイルスの影響で日本全体が自粛ムードですがいかがお過ごしでしょうか?
既にテレワークに切替え自宅でお仕事されていたり、テレワークは無理なお仕事の方も沢山いらっしゃるかと思います。
この大変な状況ですが極力外出を控え早く終息に向かうよう国民全員で頑張っていきましょう。
私もこの外出自粛でさて何をしよう。と考えそうだ!断捨離をしようとなり学校がお休みの子どもたちのお尻を叩き家族みんなで断捨離をしています。
まず第一弾。新学期という時期でもあるので子どもたちは不要なプリントや教科書、参考書など整理をさせました。
見事な雑紙の山。この写真は一部でこの4倍ほどの資源ごみが出ました。

そんな世間はコロナで大騒ぎ。家は学校に行くはずの子どもたちが毎日ワイワイガヤガヤ。
そんな中、彼だけは変わらずの日常を送っています。
白目&ベロ出しで爆睡。
彼がいるおかげて家族みんな癒されています。


大変な状況ではありますが、家でこんなにもゆっくり過ごすことは皆さんそんなにないかと思います。
こんな時だからこそ、普段出来ない事や、是非やってみたいと思う事など見つけて過ごしてみてはいかがですか?

------------------------------------------------

エージェンシー雅のLINE@

LINEからお問い合わせができます 
「友だち追加」するとご利用いただけます

友だち追加

投稿日:2020/04/09   投稿者:石黒寿美子

以前、投稿した「オリンパスファン」の中でちょっと触れましたオリンパスの「PEN-F」というミラーレス一眼カメラについて「その作り込みに衝撃(詳細は別の機会に)」と言ったので今回はそれについてちょっと触れてみたいと思います。
 
良くも悪くもデザインとはその時代毎の流行があり角張っていたり丸かったりまたその歴史を繰り返して「今風」と呼ばれる物が持て囃されがちですがこのカメラどこか懐かしくそして何より美しい。それもそのはず僕が生まれた時代、1963~1966年に販売されていた同じ名をもつ一眼レフカメラ「PEN F」のDNAを継承しつつも単に「今風」にせずデジタルガジェット化していないという所が一番の魅力です。一目惚れってやつです。特筆すべき点はダイヤル類が全てアルミを切削加工したものであり、指に触れた感触や回した時の音などはプラスチック製のそれとはひと味もふた味も違う質感。ついついカチカチ回したくなってしまいます。もう一つはビスが1本も見えないところ。ほとんどのカメラの底面にはビスの頭が見えるものですがそれが1カ所もないんです。
 

 
作り手の強い拘りを感じそう言ったところが大好きです。ともあれ所有している喜びと言うべきか持って歩く時のおしゃれ感は何とも言えません。今では栃木レザーのストラップと相まってより一層、おしゃれ感は高まっていると自負しています。PENシリーズと言えばカメラ女子に人気の洒落たミラーレス一眼カメラと言う印象でオリンパスの中ではエントリー機に分類されていますがこの「PEN-F」だけは路線がちょっと違った物に仕上がっており、スペックを見てもミドルクラスと同等かそれ以上と言うところも魅力の一つです。おっさんウケする箇所が満載!
 
この辺のことはもっと詳細にメーカーサイトに書いてありますので興味のある方はご覧になってみて下さい。
 
 
本当は以前インスタにも投稿しましたがこのカメラにはマイクロフォーザーズマウントを生かした小さな単焦点レンズで付けてじっくり写真を撮ると言うのがお似合いだと思っていますが、現状は「お散歩カメラ」として「カワセミ」を撮る関係上、超望遠レンズ(と言っても大砲のような物ではありません)がメインレンズになっていますがこの先々はカワセミをはじめとする野鳥撮影や愛犬の飛び回る撮影は別のカメラに任せてPEN-Fには今の単焦点レンズのみならずフィルム時代のオールドレンズを使った撮影などもしてみたいと考えています。

投稿日:2020/03/27   投稿者:菊地雅章